スポンサードリンク

2014年11月18日

星野佳路

星野佳路(星野リゾート社長)語録13件


「リーダーの真価は逆境で問われる」


「人がイキイキと仕事をするには、『楽しい』と感じること、それがすごく重要なんです」


「いかに成功体験を積ませるか、これはチームが強くなるためには重要だと思いますね」


「たとえ厳しい状況でも、自分の正しいと思うことを、覚悟を決めてやり抜くことです。強固な壁を突破する力も、必ずそこから生まれてくるのですから」


「結果が出ない原因には、2つのことが考えられます。仮説が間達っているのか、それともまだやり切れていないのかです」


「状況が良いときにはいつ悪くなってもおかしくないということを常に頭に置いておくことが大切です。安心しないということです」


「あるべき方向に向かって、最短距離を最速で進む。それだけを考えていれば、歩みが揺らぐことはないんです」


「常に完璧を目指そうとしている。完璧になるなんてことはおそらく生涯ありえないけれど、そこを淡々と目指している」


「勝つべき相手を明確にすると、やるべきことが見えてきます。自分も含めて組織のやる気を高めていくという意味でも、競争相手を明確にすることは大切です」


「危機感を持ち経営するには、競争相手を設定することが非常に重要です。誰をライバルにし、誰に勝たなければならないかというのを社内に常に示しています。ライバルを明確にすることが重要です」


「返金やお詫びとして渡す金銭は関係修復ではなく、たんに金で黙らせているだけです。経営者として納得できませんし、社員も『ミスはお金で解決できる』と思うようになり、モラルハザードやモチベーションの低下につながります」


「会社のビジョンのようなものは別ですが、日常の仕事に関しては、状況に応じて最適な目標に変えていくべきです。私もスタッフの意見の方が正しいと思ったら、それに合わせた目標にすぐに変更することにまったく躊躇はありません」


「ビジョンは企業における憲法みたいなもので、社員が常にそこに向かっていると意識できることが大切です。そのためには、経営者は設定したビジョンからブレないということが必要になります。最短距離でビジョンに向かう姿勢を常に見せなければなりません」
posted by 名言語録 at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

バールーフ・デ・スピノザ

スピノザ(哲学者・神学者)語録13件


「神を畏れるは知識の始めである」


「すべての実態は必然的に無限である」


「愛は、憎しみで始まった場合の方が、より大きくなる」


「賢人の仕事は、いかに死ぬかではなく、いかに生きるかにある」


「理解することは同意することの始まりだ」


「悪徳を非難するよりは徳を教える方がよい」


「平和は戦争を免れることにあるのではなく、考え方の一致、融和にある」


「運命とは、受け入れるべきものではない、それは自ら選び創り出すものだ」


「人があれもこれもなし得ると考える限り、何もなし得る決心がつかない」


「感情のままに左右される人間は、自分自身の主人ではなく、偶然の力に支配される」


「自分を卑下することは、自分を他人より劣ると信じる間違った考えから生まれる悲しみである」


「すべて存在するものは神の裡にあり、神なくしては何者も存在しえず、また理解もされない」


「自由な人が考えるのは、ほかならぬ死についてである。そして彼の賢明さは、そこから死ではなく、生について熟慮を始めることだ」
posted by 名言語録 at 04:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

五島慶太

五島慶太(東急王国創業者)語録13件


「人は息絶えても、夢は残る」


「孤独な者はもっとも強い」


「予算を軽視して、どうして満足すべき決算が得られようか」


「ものごとはすべて大きく考えること。おじけづいていては成功しない」


「私はとにかく、「強盗慶太」の異名を頂戴するくらいであったから、事業のための私であり、事業あってこその生涯だった」


「人の成功と失敗のわかれめは、第一に健康である。次には熱と誠である。体力があって熱と誠があればかならず成功する」


「私は沿線の人たちに『良品を廉価に』提供する目的で東横百貨店を渋谷に作った」


「人間はときどき、努めて頭を空っぽにしなければだめだ」


「三昧ということが必要である。女でも、碁、将棋、スポーツなんでもよい。三昧になる、すなわち『空』になるということが必要である」


「自分より偉い人はみんな利用しなければだめだ。自分より偉い人を思うままに働かせることが事業成功の秘訣だ」


「俺は、その日のことはその日で忘れる主義だ。その日に決断のつかないことを、思い悩んであすまで持ち越すようだと、あすの戦争は負けだ」


「昭和初頭、財界不況に遭遇した時に、私はしばしば自殺を考えるに至るほどの苦しさを経験した。松の枝がみな首つり用に見えて仕方がなかった。しかし今にして思えば、すべては信念と忍耐力の問題であった」


「人間は知と行だけではダメである。そこには必ずだれにも負けないという信念が必要だ。それには信仰で人間の意志というものを、絶えず鍛錬していく必要がある。事業で成功するにしても、利殖するにしても、不可欠なものは信念である」
posted by 名言語録 at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。