スポンサードリンク

2014年11月16日

トーマス・エジソン

エジソン(発明王)語録40件


「あらゆるものには輝くダイヤが隠されている。磨けば光る」


「発明するためには、豊な想像力とゴミの山が必要だ」


「一心不乱に働くこと。これが気分転換には最高なんだよ」


「幸運は、チャンスと準備が一致したときに実現する」


「天才の1%はインスピレーション(ひらめき)から成り、99%はパースピレーション(汗)から成っている」


「一生懸命努力することに勝るものはない」


「寝るのは馬鹿だ。みんな寝すぎだ。私は死んだ後たっぷり寝る」


「休むことは錆びることである」


「頭は筋肉と同様、鍛えるほど強化される」


「完璧だと思っても、もう一押しすれば、おまけが手に入る」


「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である」


「失敗すればするほど、我々は成功に近づいている」


「メモこそ命の恩人だ」


「前進あるのみだ。全力でやれるだけのことをやってみなさい」


「良いアイデアは、体を動かすことから生まれる」


「商品にならぬ技術は役に立たない」


「われわれは何事についても1パーセントの百万分の一も知らない」


「いつでも必ず、もっとよいやり方がある。それを探せ」


「私は正規の教育を受けられなかった。学歴はゼロなんです。だから、発明家として成功したのでしょう」


「私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。何をやっても楽しくてたまらないからだ」


「もし自分にできることをすべて実行すれば、その結果に文字通りびっくり仰天することだろう」


「時の経つのも忘れて、ある一つのことに熱中できる人は、必ずや何かを成し遂げるだろう」


「多くの人はチャンスを逃してしまう。なぜならチャンスは、オーバーオールを着ており、大変そうに見えるからだ」


「たいていの人たちは、それ以上アイデアをひねり出すのは不可能という段階にくると、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからなのに」


「わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ」


「私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ」


「悩みの解決には、仕事が一番の薬だ」


「世の中が必要としているものを、つねに探せ」


「それは失敗じゃなくてその方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだよ」


「わたしは、決して、失望などしない。どんな失敗も、新たな一歩となるからだ」


「いちばんいけないのは、あきらめること。成功するためには、とにかくもう一度チャレンジしてみればいい」


「もし自分にできることを全て実行すれば、その結果に文字通りびっくり仰天するだろう」


「決して、時計を見てはならない。若い人に、覚えて貰いたいことだ」


「発明とは、それが人類にとって本当に必要なものなのかを判断する能力である」


「人生における失敗者の多くは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに気づかなかった人たちである」


「人が後世に熱狂的な精神を伝えることができたとしたら、それは無限の価値がある財産を残したことになる」


「人間が臨終に際して、子孫に熱狂的精神を伝えることができれば、無限の価値ある財産を残したことになる」


「私はどんな目にあっても決して落胆しない。・・・価値ある仕事をやり遂げるための必要条件は3つある。第一に勤勉、第二に頑張り、第三に常識である」


「朝7時に起き、夜11時に就寝すれば、たっぷり16時間ある。大低の人は一日中なにか仕事をしている。ただ一つ違うのは、彼らの仕事は非常に多岐にわたり、私はたった一つの仕事に全てのエネルギーを集中する点だ」


「エジソンの二人の助手は大いに落胆して言った。『私たちは今、七百回目の実験を終わりましたが、まだ答えが得られません。私たちは失敗したのです』『いや失敗したわけではない』とエジソンは答えた。『この件については、私たちは世界中で一番知っているということなのだ。私たちは、答えを見つける最短距離にいるのだ。なぜなら、やってはいけないことを七百回も知っているわけだからね。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ』」
posted by 名言語録 at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルティン・ハイデッガー

ハイデッガー(独の哲学者)語録10件


「人間はこの地上に詩人として住んでいる」


「存在者の存在に応えて語ることが、哲学である」


「人間は、時間的な存在である」


「単純なものこそ、変わらないもの、偉大なるものの謎を宿している」


「良心は、ただただ常に沈黙という形で語る」


「偉大に思索する者は、偉大に迷うに違いない」


「経験を積んだ人は、物事がこうであるという事を知っているが、なぜそうであるかということを知らない」


「人は死から目を背けているうちは、自己の存在に気を遣(つか)えない。死というものを自覚できるかどうかが、自分の可能性を見つめて生きる生き方につながる」


「人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない」


「生きている世界は、自分の世界のそのときの状況がどうであるか、そしてそのときの状況から見てどうであるかによって、さまざまな仕方で現れてくる。生きている世界の内容を決めるのは、常に自分の世界の不安定な流動的な成立であり、その状況的性格である」
posted by 名言語録 at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前川貴行

前川貴行(動物写真家)語録7件


「日本の自然は本当に豊かですよ。これは海外に出て、日本を振り返って感じることです」


「日本は本当に稀有な国。我々は自然との共存力にもっと自信を持っていいと思います」


「日本なんてこんな小さな島国で、東京やら大阪やら大都市もたくさんあるのに、本州にクマが何千頭もいたりするわけです。そんな国は世界中探しても日本以外にない」


「動物が好きで写真も好きだったから、というシンプルな理由です」
注釈:動物写真家になった理由について


「確かにクマを目の当たりにしたら怖かったけれど、世の中にはクマの写真を撮っている人はいます。他の人にできて自分にできないことはないだろうと思ったのです」


「世界にはトラやライオンなど強大な力を持った野生動物がいますが、例えばライオンの場合、生身で近づくのは危険すぎて同じ土俵ではとても撮影できません。一方、クマは同じ土俵に立ってギリギリ撮影できる最強の生き物なのです」


「日本人ほど身近な自然と付き合うのがうまい人々はいません。自然と付き合うテクニックは世界一でしょう。例えば、日本には『裏山』という言葉があり、里の人たちは山の自然とのせめぎあいをずっと続けてきたわけです。日本人はそういう動物や自然とのふれあいの技術を、もっと大事にしていったらいいのです」
posted by 名言語録 at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。